品質管理

大阪屋製菓株式会社の品質方針。当社は下記行動指針を基に、CSR(企業の社会的責任)を実行し、顧客、地域社会より信頼と満足を得られる共存企業を目指します。

品質へのこだわり

素材へのこだわり

厳選した素材を使用しております。
新鮮な原料をその日の使用分だけ無駄なく仕入れることで、素材のおいしさを商品に閉じ込めます。また仕入れた原材料は徹底したチェックを行い、鮮度管理にも十分気を付けて取り扱っております。

小麦粉

小麦へのこだわり

弊社のドーナツには、製粉業者様と共同開発したオリジナルの小麦粉を使用しております。

外麦とよばれる外国産の小麦粉は
「どこかなつかしい味としつこくない自然な食感が特徴です」

内麦とよばれる国内産の小麦粉は
「小麦本来の風味豊かな味としっとりとした食感が特徴です」

フライオイル

フライオイルへのこだわり

大阪屋製菓のドーナツがおいしい理由の1つは上質な油にあります。

大阪屋製菓が使用している油は、大手製油メーカー様によりドーナツを揚げるために最適な油としてオリジナル開発していただいたものです。

大豆、なたね、パームを原料とした油は油切れがよくまろやかな風味が特徴です。

酸化に強く商品が傷みにくい油となっています。

古い油は使用せず、常に継ぎ足して新油に近い油で揚げています。

製法へのこだわり

厳選した素材をより美味しく調理するために、製法にもこだわっています。

6連直火炊製法

製法へのこだわり・6連直火炊製法

弊社の飴のおいしさの秘密は、6連直火釜を用いて飴を極限まで煮詰める製法にあります。

多くの製造メーカーでは真空釜を使って飴を煮詰めていますが、飴本来のおいしさ(まろやかさ・旨味・風味・こく)を引き出すには直火炊きに限ります。

直火炊き製法によって生み出された飴のおいしさをぜひご堪能ください。

電気式フライヤー

製法へのこだわり・電気フライヤー

弊社は環境に優しい電気式フライヤーを導入しましています。

ガス式とは違い電気による加熱の為に一定の温度で油を温めるので油を傷めにくいのが特徴です。

じんわりと揚げられたドーナツは外がカリっと中はしっとりとしたドーナツになります。

安全へのこだわり

HACCP(ハサップ)とは食品の安全を脅かす(食中毒菌など)が混入するリスクを、作業工程を整理し分析することで見つけ出し、そのリスクを工程管理によって取り除き、衛生水準を改善し維持していくための管理手法です。

高度な衛生基準をクリアしたHACCP対応工場で商品を作っています。

二重シャッター

安全へのこだわり・二重シャッター

工場と倉庫をつなぐ出入り口には二重シャッターを設置しています。

厳重な入室管理

安全へのこだわり・エアーシャワー

作業員が工場に入室する際にはエアーシャワーなど徹底した衛生管理を行っています。

トレーサビリティシステム

商品に不具合が発生した場合に、いつ、どのラインで、どの原材料を使って製造したものなのかを調べることが可能です。
全ての原材料が特定可能ですので安心して食べていただけます。

品質管理の取り組み例

品質管理の取り組み例①設備・製造

■設備・製造

  • エアシャワー
  • 温度管理
  • ウェイトチェッカー
  • 金属探知機
  • 色別センサー
  • 2重シャッター
品質管理の取り組み例②検査・保証

■検査・保証

  • 菌検査
  • 保存検査
  • 風味官能検査
  • 栄養成分分析
  • 商品規格書作成
  • 各種監査対応
品質管理の取り組み例③教育制度

■教育制度

  • 新入社員教育
  • 異物混入対策教育
  • 一般衛生教育
  • 防虫防鼠教育
  • CCP教育
品質管理の取り組み例④コロナ対策

■コロナ対策

  • 社員の体温調査(検温等)
  • 外部者の体温検査(検温等)
品質管理の取り組み例⑤認証情報

■認証情報

品質管理の取り組み例⑥トレーサビリティ

■トレーサビリティ

  • トレーサビリティシステム